VIO医療脱毛

【これで完璧!】脱毛前日準備

予約を入れたら後は当日を待つばかりですが、安全な施術にするためにも、肌の負担を減らして安心して受けるためにも、いくつかの準備をしておくことも必要です。高性能な医療レーザー脱毛を受けるなら、ベストコンディションにしておくことで、最大限の脱毛効果につなげることができます。自己処理をしたり体調を整えたり、どれも難しいことはありません。

【完全版!】医療脱毛マニュアル

医療のプロフェッショナルであるお医者さんと看護師が在籍しているため、クリニックでのレーザー脱毛はもしもの時の対応も迅速です。肌にトラブルが生じてもすぐに医療での処置ができますし、痛みが心配であれば別途費用が発生することもあるものの、麻酔を使用することもできます。エステの光より高い効果を発揮する医療レーザーを安全に受けるためにも、施術を受ける前日までに準備をしておくことです。実はこのひと手間をキチンとすることで、火傷のリスクを軽減させたり、痛いといわれるレーザーの刺激も感じにくくなったりします。できるだけ体調を整えておくことも大事であり、お薬の服用も避けたほうが無難です。種類にもよりますがお薬の影響で、何かしらの健康障害を生じたり、色素沈着や肌荒れを起こすこともあります。お薬を飲まなければならない時には、事前に施術を受けるクリニックに確認をしておくと安心です。予防接種も直前に行うのはNGであり、前の日だけではなく1週間から10日前後は控えなければなりません。大人に許された楽しみのお酒も、予約前夜にはお休みをするものの、施術を受けた翌日からは飲んでも大丈夫です。絶対に避けなければいけなのは日焼けであり、紫外線対策はしっかりとやっておきます。肌は出来るだけ白い色を保ち、スキンケアで保湿された状態にしておくのと共に、健康状態も万全にして脱毛に臨むことです。

医療脱毛の前日までに準備は必要?

安心して医療脱毛を受けるためにも、前日までにしておく準備として、ムダ毛の自己処理を終わらせることです。毛の長い状態だと照射をしても、レーザーが肝心の毛乳頭まで届きにくくなりますし、何よりも火傷のリスクを高めてしまいます。自己処理をするにあたり、ワックスや毛抜きで毛を根元から抜くのはNGです、根元が残っていなければ、いくら高性能なレーザーを照射しても、毛を育てる組織に反応をさせることができません。前日か2日前にはカミソリや、フェイス用の小型電気シェーバーを使い、丁寧にシェービングを済ませていきます。余裕をもって対処できるなら、2日前に全体を処理しておいて、前日に明るい場所で剃り残しはないかチェックすることです。剃り残しがあっても前日なら、まだ処理をするのに間に合います。体調を整えておくことも大切であり、疲れが溜まっていたり風邪気味であったり、寝不足続きでは施術時の痛みを感じやすいです。準備の一つはベストコンディションに整えておくこと、できるだけ予約前の数日はしっかりと夜の睡眠時間を確保して、疲れもとっておくようにします。体調が良い状態であることと共に、肌が潤っている方が痛みは軽減するため、保湿ケアもすることです。肌が乾燥をしていて寝不足では肌も弱くなるため、肌トラブルを起こしやすいですが、しっかり眠り肌も潤っていると心配はありません。

前日にやってはいけないことはある?

脱毛前日に控えるべき行為として、好きな人も多いお酒であり、飲酒は控えなければなりません。施術を受けた後ではなく前日なのですから、一見すると問題が無いような印象です。種類を問わずお酒を飲むと体内の血液の巡りが良くなり、だんだんと身体はポカポカとあたたかくなってきます。普段であればほろ酔い気分で体温も上がって楽しいものの、アルコールの成分は夜のうちに完全に消えてはくれません。翌日にはすでに酔いはさめていても、アルコールの影響でまだ血行が良い状態です。そのタイミングでレーザーの照射をすると、デリケートになっている皮膚には刺激が強く、赤みやかゆみを起こしやすくなります。またお酒を飲みすぎてしまうと、体内の水分が外へ排出されやすくなりますから、これは皮膚の乾燥を招く要因です。乾燥をした肌はいつもより、皮膚を守る力が低下をしているため、低出力設定であっても、レーザーの痛みを感じやすくなってしまいます。小麦色の肌は健康的ですし、ブロンズ肌の流行は数年ごとに繰り返しやってきますが、脱毛前日の日焼けは絶対にしてはいけません。黒いメラニン色素に反応をする医療脱毛器を使うため、皮膚が黒いと肌の黒さにも反応をして火傷をする可能性が高まります。低い出力で照射をすると、今度は満足な脱毛効果につながりません。

まとめ

予約日の前日までにムダ毛のシェービングを済ませておくこと、飲酒をすることなく前夜は過ごして、質の高い睡眠をとり体調も整えて脱毛当日を迎えるようにします。肌も体も健康な状態であってこそ、医療レーザーで高い効果を発揮しやすくなりますし、気になりやすい痛みの強さも軽減されます。自己処理に関しては約束事ではありますが、処理しにくい箇所はクリニックで対処してくれるか、確認をしておくと安心です。